金澤朋子「ちょっと噛んでもいいかな?」